Menu

社団法人
日本WEBライティング協会主催

Webライティング
能力検定

第11回:11月27日(日)
第12回:2月12日(日)
開催予定です。
次回(11回)は今年最終回です!

Webライティング能力検定は最も必要とされているスキルを習得できる資格!企業の社員教育や研修でも利用が急増しています!!

私たちは適切なWebライティングの普及を通じて、円満な人間関係及びビジネスの成功に貢献し、日本を元気にします!

資格取得後イメージ

どんな仕事に活かせるか

  • ウェブに関わるあらゆる仕事
  • 顧客とメールでコミュニケーションを取る仕事
  • ホームページやブログのライター
  • 広報担当(コピーライター)
  • ウェブライティングコンサルタント
  • ソーシャルメディアコンサルタント
  • SEOコンサルタント
  • 在宅ライター
  • アフィリエイト

ウェブの普及とともにウェブに対してどのように向き合うかということが、現代社会を送るうえで大変重要な課題となってきました。

中でも

どのように書くか、どのように表現するか

といったウェブライティングの要素は最も重要と言えます。

ビジネスにおけるウェブライティングから、SNSの投稿や個人日記にいたるまでジャンルを問わず、信頼性の高い文章を書くことができれば、大きな恩恵を受けることができます。

ビジネスでは商品がたくさん売れたり、学生には就職に役立ったり、或いはライティングそのものを仕事にすることも可能です。
SNSや個人日記であっても、友達が増え、より充実したコミニュケーションを取ることができるでしょう。

逆にSNSへの投稿を安易に考え「炎上」を起こしてしまうと、本人はもちろん、所属企業や学校にも大きな害が及びます。

Webライティング能力検定では、Webに関わる企業人としての一般常識や効果的なウェブライティングを学んでいたき、会社の頼りになる戦力になっていただくためのサポートをさせていただきます。
実践力が身に付きますので、会社の業績向上にもきっと役立てていただけることでしょう。

女性の方は、女子力アップにより“あなたの強力な武器”になります!

「知性は美を彩ります」

ライティングイメージ

お申込み・お問い合わせはこちら

お申込み

お問い合せ

認定を受けるメリット

  • 信頼感を高めるライティング技術が身につく
  • 販売や自己表現に役立つ効果的なライティング技術が身につく
  • 効果的なウェブコミュニケーションの取り方が身につく
  • 炎上対策になる
  • 信用を付加する肩書きとして使える
    (資格取得者名簿に掲載されます)
  • 就職や採用に有利に働く(認定証が発行されます)
  • 将来的に公認コンサルタントやセミナー講師への道も開ける
  • 資格取得者には協会に依頼があった仕事を斡旋、紹介する可能性も
    (既に多くの仕事を紹介しています)

一般的な利用例

一般的な利用例

資格取得

名刺、Web上、口頭でアピール

検索

ビジネス、就職・転職の成功。並びに信用に繋がる。

実績の蓄積

資格取得者からの喜びの声

SEOに良い文章が書けることをアピールしたら文章制作単価が5倍になった

クライアントのホームページのキャッチコピーを変えただけで反応率が2倍になった

学んだことをそのまま自社ホームページに適用したら売上が40%アップした

実行して1ヶ月後にはブログのアクセス数が3倍に増え、いいねやコメントがたくさん付くようになった

資格を取得したことによって、会社のホームページやSNSなどの公式の文章を任されるようになった

今後増える資格取得者のメリット

アフィリエイト報酬2倍:資格取得者にはその後の検定を紹介していただいた人数に応じて、通常の2倍の報酬をお支払いたします。 試験監督者:今後検定を全国規模で行う予定です。その場合の試験監督者は会場の近くにお住まいの資格取得者を優先してご依頼いたします。もちろん報酬があります。 仕事の紹介:協会には多くの記事作成やライター紹介依頼が来ています。1級取得者には優先してご紹介いたします。

合格者には本認定証が送られます

認定証見本

資格保有者リスト

お申込み・お問い合わせはこちら

お申込み

お問い合せ

受検課目

  • 1)国語
    誰でも理解できる平易で正しい日本語
  • 2)ウェブライティング
    企業HP、ネットショップ、ブログ、FB、などのライティングスキル
  • 3)コピーライティング、メールライティング
    売れるライティング、メールによる顧客対応
  • 4)SEO
    多くの人に訪問してもらい、売上を上げられるSEO
  • 5)倫理・法律、炎上対策
    トラブルを起こさないライティングスキル
  • 6)Webライティングに関するミニ論文(200~300文字)
    意図が適確に伝わり信頼を高められる文章
東京会場
東京会場2
大阪会場

お申込み・お問い合わせはこちら

お申込み

お問い合せ

過去の受検者の感想

受検された方から大変多くの喜びの声をいただいています!

受検者の声1

受検者の声2


鈴木 翔太様

仕事柄、コンテンツ企画やマメルマガ、SNS等ライティング能力を必要とされるものが多く、そういった分野をもっと磨きたい、そして証明できるもの が欲しいと思い、この度受験致しました。大きく6項目ございましたが、自分の強み弱みが明確になり、苦手分野を克服することで能力向上ができたと思います。

実際、SNSでの投稿の反応が増加、またコンテンツの検索クエリ数増加など効果が出ています。

伊藤 裕美様

不特定多数の目に触れるWeb上のライティングでは、国語力・文章力といった技術だけでなく、SEOや法律まで幅広い知識が求められている事を改めて 理解でき、それらを体系的に学べたので、受検してよかったです。 仕事でWebライティングの機会がある人は、絶対に学ぶべき内容だと思います。

水元 翔太様

ウェブライティングするにあたって基本的には常識の範囲内なのですが、その中にも 目からウロコが落ちるような情報があり、とても有意義な勉強をさせていただきました。

今野 春彦様

事前に頂いたテキストに沿った問題だったので安心しました。 Webライターは今後どんどん知名度が高くなる職業だと思います。 それに応じて、ライターの数も増えるはずなので、他のライターとの差別化、そして自分の付加価値を高めるために非常に効果的な検定 だと思います。

今回テキストで学習した内容は、改めて勉強になる事ばかりでした。 なかなかこういった内容を能動的に学習する機会もないので、そういった意味でも有意義な時間でした。

上野 さや香様

自分のウェブライティングスキルがどれほどのものなのかを一度試してみたいと思っていました。 仕事上、キャッチコピーなどを考える事が多く、本当にこれがユーザーの心にささっているのか半信半疑でした。 また、基礎からウェブライティングを学んだことがなかったので基礎から学べたことは非常に良かったと思っています。

M.S 様

Webに関わる仕事をしてきましたが、これまで法律について意識したことがなく、SEOやコピーについてなども基礎的なことを勉強して こなかったため、はじめて知ることが多く驚きました。 もっと色々なことを勉強しないといけないなと痛感しました。 気楽な気持ちで受けましたが、勉強になることが多く受験してみてよかったです。

溝上 麻季様

今回、第五回WEBライター検定一級に合格することが出来ました。 試験を受ける少し前からWEBライターのお仕事をかじりかじりやっていたのもあり、再確認しながら試験に向けて勉強しました。

WEBライターのお仕事はネットが普及している今、とても大事なお仕事だと思います。 その為には、こちらの資格でネチケットや正しい日本語の使い方、SEOや炎上対策に関してなどをきちんと勉強することが大切 だと思いました。 WEBライターに携わる方に本当にオススメの資格です。 私もこれからも勉強したことを活かしてWEBライターのお仕事に励んでいきたいと思います。

八十原 智之(やそはら ともゆき)様

現在、私はセールスコピーライターの勉強をしており、これから仕事を受注していくうえで、やはり、知識、信頼性は非常に重要だ ということに気がつきました。 では、どうすればこの二つが手に入るかと調べていたところ、このWebライター検定の存在を知りました。 「これだ!」と思い、すぐに申込みました。

テキストが届いてから試験までの約1ヶ月間、必死に勉強しました。 何度も読み返し、演習問題も何度も解きました。テキストを最低3回は読み返し、演習問題をしっかり解けるようにしていれば、 必ず1級に合格できます。

これからWebライター検定の有資格者が確実に増えていきます。 今は、家にいながらパソコン1つで仕事ができる時代です。

Webライター1級を取得した今、これからがスタートです。 自分のスタイルで仕事ができるように、もっと勉強して、実績を積んで、人から信頼されるコピーライターになりたいと思います。

東京大学教養学部2年:永山大輔様 (初の満点合格者)

本試験のテキストを勉強するにあたって、いかに普段自分が利用しているインターネットにおいて無知だったのかと 実感した。

私は現在学生をしているが、交友関係上SNSを使うことが多い。 SNSにおいて何かを発信する際に、自分が何に気をつけるべきなのか、どういった危険が潜んでいるのか、といったことを知るいい機会 になった。

その上、コピーライティング、メルマガ、HP、商品販売におけるウェブライティングの基礎、基本的な国語の学習、関連する法律、さらにはSEOの考え方といった、 これからの社会で必須とも言える知識を勉強するのにすばらしい教材だったと思う。

テストは主にテキストから出題されるので、テキストをしっかりと読み込んで演習問題を解いて理解を深めておけば自ずといい点をとれると思われる。 今回得た知識を実践で使う日はそう遠くないだろう。これから社会に出る学生の同輩に、是非受けていただきたい試験である。

慶應義塾大学 中島啓彩様

中学生のころお世話になった越智先生のすすめをうけ、今回の試験を受けることにしました。 しかし当日は体調不良のために、試験を受験することはできませんでした。

テキストの勉強を通じて感じたのは、昨今はネット社会であり、情報を得る際に用いる媒体は本などの紙媒体からインターネット媒体へと変化しており、 情報を与える側は細心の注意を払わなければならないということです。情報を得る側のリテラシーに関してはしばしば教育されることもありますが、 情報を与える側のリテラシーに関して誰かから教わることは今までなかったので大変意味のあるものだと思いました。 それというのも、先ほど述べましたように昨今はネット社会となっており、社会人となった際になにか情報を発信する際にはきわめてインターネットを 用いて行う可能性が高いからです。

もちろん大学生のうちからこのような知識を身につけておくことは、最近SNSサイトにおける大学生のリテラシーの欠如による 炎上を鑑みても必要なことだと思います。

K.U様(会社員)

・受検のきっかけ

商工会議所の会報にWEBコンサルタントの方の記事が掲載されていて、その方のプロフィールに このWEBライター技能試験1級取得と記載されており興味を 持ちました。

また、仕事でWEBコンサルティングを行うことがあるのでこの様な資格を持っていることが お客様に安心感と信頼感を与えると思いました。

・勉強を通じて感じたこと

実際に、仕事でWEB制作に携わっているので勉強していて楽しかったです。 また、自分の知らない知識も習得できたのでとても為になりました。

・試験を受けて感じたこと

試験の中に一般常識として国語の問題があったのですが普段、自分が使っていた言葉(尊敬語と謙譲語)の間違いに改めて気が付くことができました。 今後は、サイト文章やブログ文章など気を付けて行きたいと思います。

・試験に対する現在の思い

この試験の1級に合格し自信が持てました。 今後、仕事でこの資格を生かせるように頑張って行こうと思います。

・受検しようかどうか迷っている人へ

これから、WEB業界で働きたいと思っている方は就職活動の際に、役に立つと思います。 もちろん、デザイナー希望の方は作品が一番重要視されるかと思いますがこの資格を持っていることで証明されることはSEO対策や売れるサイト の流れなど基礎は固まっているということです。

Y.K様(会社員)

平成25年の第一回試験を受検しました。
芳川さんのメルマガで試験があることを知り、自分がWebの仕事に携わっていること、またWebライティングの検定は他になく初めて開催されるということで、腕試しの つもりでチャレンジしました。

試験の課目は

1)国語、文章
2)ウェブライティング
3)コピーライティング
4)SEO(検索エンジン最適化)
5)ウェブ上の法律・倫理、炎上対策
です。

国語、文章については特段勉強しなくても大丈夫なのでは、とタカを括っていましたが、送られてきた公式テキストを見て一変、顔色が青くなり…!
当たり前と思われている日本語って、ホント難しいなーと実感しました。
ほかの課目も、テキストを猛勉強。

仕事で携わっているとはいえ、何もしないで受かるほど甘くはありません。
何度か繰り返し勉強すると、Webライティングに必要なこと、大事なポイントが身に付いてきます。
このテキストを勉強することが、この検定の良い点ではないでしょうか。
その知識は、その後の仕事に十分に活かされています。

結果は一級に合格しました!
とてもうれしかったです。

結果も去ることながら、テキストを勉強することで、Webライティングの基礎が身につくことが、大きな価値のひとつだと思います。
迷っている方がいたら、ぜひチャレンジすることをお薦めします。

今田 圭介様

10年後、20年後の日本のネット社会を見据えて、モラルとルールの基準作りは始まった。

若い人達だけではなく、パソコンやスマホを使ってSNSやブログ、投稿などしている人たちの中においても、ネット環境がかなり昔からあるものと 錯覚している人がいるかもしれませんが、実際にはつい最近始まったばかりです。

過去20年のパソコンの世帯普及率とインターネット利用率を見てみましょう。



手軽にインターネットにアクセスできるスマホは、iPhoneの販売(2007年)を機に普及率が急上昇しています。
2013年10月現在スマホの普及率は次のようになっています。



大衆化した自動車の歴史を例に見てみると、大衆が車を保有するようになったのは、フォードによる大量生産方式の導入によって価格の低下が実現した 1908年が起源となっています。
その後自動車中心の社会を表す「モータリゼーション」の言葉とともに、アメリカでは1920年代、日本では1970年頃から車関連の本格的なインフラの整備、 マニュアル、ガイドラインの制定が開始され、時代の変化とともに修正を加えながらの運用が行われています。
車社会のアメリカでさえ、車における本格的なインフラ整備、マニュアル、ガイドラインの制定は、大衆が車を手に入れるようになってから十数年の歳月 が経過していました。

ネット社会に目を戻すと、日本におけるスマホ歴は7年、インターネット歴は10年強の歳月しか経っていないですが、自動車のインフラ整備、マニュアル、 ガイドラインの制定の開始時期を考えると、情報伝達のスピードが飛躍的に向上している現代では、ネット社会における行動規範やガイドライン作り始まり、 浸透し始めてもおかしくない状況と言えます。

技術の飛躍的な進歩によって、多くの人達がネットに参加できるようになり便利になったものの、悪意のある利用や無意識・無知がゆえに発生した残念な事故 や犯罪も増え、社会問題も引き起こし始めています。
誰しもがネット加害者にも被害者にもならないように、ルールやモラルの共有と、今後参加してくる人たちに指導できる技能育成がもっと必要な段階にきて います。

選挙権、飲酒のような年齢による線引きや免許・資格による線引きがない、誰でも参加できるネット社会において、自らがネット加害者にも被害者にもならな いようにするためだけではなく、年代別のスマホの普及率を見ても分かるように、本来指導・誘導されなければならない若年層において普及が急増しているこ とを鑑みると、そのような若年層、特に未成年の世代を事故から守り、彼らに健全な指導を施すにあたって、理想的な指導方法の検討と実施もさることながら、 指導者、教育者の育成も必至な状況です。
ただ、現実にはそこまで追いついていないのが実情と言えます。

参加者の注意や意識を喚起する意味でも『Webライティング技能検定』は時宜を得た検定だと思います。 『Webライティング技能検定』は
・自分のことは自分で守れるか
・マナーは守られているか
・法令順守は出来ているか
・ネット社会を理解しているか
・伝達能力はあるか


などを判定するとともに、ひとりでも多くの参加者が、健全なネット社会を享受できるようにするためのルールやモラルの提起と言え るもので、ネット参加における安全への意識を持ち、技能を習得するために学習を始めるためのきっかけ作りと言えます。

それは今後老いも若きも世代を超え、地域の境界線をまたぎ、地位や職業も越えてさらに不特定多数の人達が参加しやすい環境、全ての 人達が快適に運用できる環境つくりの一歩です。

『Webライティング技能検定』の中に『日本語力』についての試験科目があるのは意義を感じます。
情報や意見などを正しく伝達をするための日本語力や表現力を問うものです。
間違った日本語を使用して、問題を発生させないためにも、表現は『正しい』ものでなければなりません。
『正しい日本語』にも注意を払うよう協会は喚起しています。
『正しい日本語』の学習を今一度する良い機会の提供にもなっています。


まわりの人達の規範になるように、これから参加してくる人達の指導が出来るように、
・20代、30代の次世代の日本を背負う方々
・ネット社会に関連する中央省庁、特に総務省、文部科学省
・地方行政、地域の会
・学校、塾の先生などの教育指導者・教育関係者
・法令整備に携わる識者の方々
・10代のお子さんのいらっしゃる親御さん

に積極的に受けていただき、勉強をして、正しいネット社会を構築、もしくは構築に向けて導けるよう意識を向けていただきたいと思います。

お申込み・お問い合わせはこちら

お申込み

お問い合せ

 

検定概要

     

取得等級のレベルの目安

1級:一般的な仕事はもちろん、高度な仕事もできるトップレベルのスキルを持つ

2級:一般的な仕事を行う上で充分なスキルを持つ

3級:一般的な仕事を行う上で最低限のスキルを持つ



6課目の中で1~5課目までは4択ですが、6課目めの「ミニ論文」だけは記述式です。
ミニ論文ではWebライティングに関する200~300文字の文章課題が出ます。

資格取得基準

すべて100点満点換算です。

88~100点・・・1級

75~87点・・・・2級

56~74点・・・・3級

55点以下・・・・・資格なし

(小数点以下が出た場合は四捨五入します)

  

日時

第11回:2016年11月27日(日)14:00~15:30



第12回:2017年2月12日(日)14:00~15:30


申し込み締切

第11回:11月11日(金)17時

第12回:2017年1月29日(日)17時

会場の席数の都合で、締切日前に募集を打ち切る場合がありますので、ご了承ください。

  

会場

10回:全国6カ所

10回の受付は終了しております

東京
大阪
名古屋
札幌
金沢
沖縄

11回・12回:全国13カ所

札幌市内
仙台市内
東京都中心部
茅ヶ崎市内
長野市内
名古屋市内
金沢市内
大阪市内
岡山市内
広島市内
福岡市内
宮崎市内
那覇市内

10回の会場詳細はこちら

*既に申し込まれた方で、今後会場がさらに増えた場合に、希望会場の変更をご希望された場合は、会場の変更をお受けいたします。


上記以外での受験をご希望される方

開催会場以外でご希望の場所がありましたら、ご連絡をください。
原則、ご希望者が3名集まりましたら開催します。
お誘い合わせのうえ3名以上にしていただけると確実です。

開催会場以外でご希望の場所に関して

お申込みはこちらから


上記会場に足を運べない方

ご自宅で取得できるWebライティング資格があります

基礎技能マスターの詳細はこちらから

  

費用

Webライティング能力検定テキスト

13,500円 (税込)



公式テキスト(模擬問題付)がついています。
メールでpdfファイルをお送りします。

印刷したテキストの郵送をご希望の方は、申込時に「連絡事項欄」にてその旨をご指示下さい。

お支払いいただいた費用はご返金できません。
紹介者割引は13,000円になります。

DVDセット

DVDセットをご希望の方は、備考欄に「DVDセット」とご記入下さい。

DVDをすべてご覧になって勉強したにも関わらず、受検され、1級に合格出来なかった場合にはDVD費用としていただいた全額を返金いたします。
(検定費用は含みません)

結果発表後30日後までにお申し出ください。(それ以降は受け付けられません)

  

費用に含まれるもの

受検費用

1~3級のいずれかに合格した場合は、それぞれの合格証の授与(郵送)

資格取得者名簿への記載(希望者のみ)

テキスト(模擬試験付き)

※決済確認次第、PDFのテキストをメールにて送らせていただきます。
ご希望者には印刷したテキストを郵送でお送りいたしますので、お申し込み時に「連絡事項欄」にてご指示ください。
通常このテキストをマスターすれば1級を取得できます。


【 注意 】
1~3級の等級は、同じ問題を受けていただき、その点数に応じて高い順に1,2,3級か認定されます。3級基準に満たなかった場合は認定は与えられません。

  

資格の期限

第8回・・・1級の期限は2年です。2級と3級に期限はありません。

第9回以降・・・各級すべて期限は2年です。

2年後に継続をご希望の方は2年間で12,000円の更新費用がかかります。
更新費用には、更新時セミナー又は動画配信費用、並びに新しい認定証の発行費用が含まれます。

ただし、法律違反や度重なる倫理違反などを行った際には、抹消される可能性があります。
抹消される基準は協会の判断によります。

第9回会場詳細

日時:2016年9月6日(火)19:00~20:30

●札幌会場
会場:まなBiz
札幌市中央区南1条西8丁目6番地2 SITYビル4F
アクセス:地下鉄大通り駅 徒歩5分
地図・詳細


●東京会場
会場:大井町きゅりあん 大会議室
東京都品川区東大井5-18-1
アクセス:JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 「大井町駅」徒歩1分
地図・詳細


●名古屋会場
会場:カネジュービル3F 第2会議室
名古屋市中村区則武1丁目2-1カネジュービル
アクセス:名古屋駅新幹線口(西口)徒歩5分
地図・詳細


●大阪会場
会場:新大阪丸ビル本館 A506
大阪市東淀川区東中島1-18-5 丸ビル本館
アクセス:JR新大阪駅 東口を出て右折、JR東海道線沿いに徒歩2分
地図・詳細


●金沢会場
会場:金沢商工会議所
金沢市尾山町9番13号
アクセス:武蔵ヶ辻より金沢ふらっとバス材木ルートにて約6分
金沢駅兼六園口(東口)よりバス(3、8~10番乗場)にて約10分
地図・詳細


●那覇会場
会場:勉強カフェ那覇
那覇市曙2-3-12-2F
地図・詳細


確実に1回で1級を取得したい方へ 大変お得なDVDセット 19,800円(消費税・送料込み) 受検費用+テキスト(PDF+印刷物)+DVD

■ ■ 内容 ■ ■

受検+テキスト(PDF+印刷物)+DVD「1級を確実に取得するための7ステップ」

*DVDにはレジュメとミニ論文添削2文まで、メール質問3回までできる権利が付いています。
*別に購入するより6,500円お得!!
*紹介者割引は19,300円

*DVDセットをご希望の方は、備考欄に「DVDセット」とご記入下さい。

DVDをすべてご覧になって勉強したにも関わらず、受検され、1級に合格出来なかった場合にはDVD費用としていただいた全額を返金いたします。
(検定費用は含みません)

結果発表後30日後までにお申し出ください。(それ以降は受け付けられません)


お申込み・お問い合わせはこちら

お申込み

お問い合せ

企業研修・社員教育をお考えの方

メールマガジンの登録はこちらから

 

質の高いWebライティングを習得することの意味

     

「あなたに今最も必要なスキルはWebライティングです!」

それはなぜか?
あなたは次のどれかに当てはまるのではないでしょうか。

  • もっと売上げを上げたい
  • ビジネスを成功させたい
  • 自由な時間が欲しい
  • 自由な仕事がしたい
  • 有名になりたい
  • 自己成長、自己実現したい

あるいは、次のことで悩んでいるのではないでしょうか?

  • 売れない原因がわからない
  • 仕事がうまくいかない
  • 成功しても単発で終わってしまう

すべての希望を叶え、すべての悩みを解決できるのが Webライティングスキルの向上なのです。

そもそも世の中の99%の人はWebライティングを意識すらしていません。
日記やメモ書きをする延長でWebライティングを行っています。
だから失敗するのです。
だから成功することがないのです。

あなたはWebライティングの特殊性を理解するだけでトップ1%に入ることができます
それをさらに広げ質の高いWebライティングを習得すれば、トップ1%どころか、1000人に一人のトップ0.1%に入ることができます。

実は現在ネットで成功している人はほぼ例外なく優れたWebライティングスキルを持っているのです。

  

今後高まる必要性

今や13才ぐらいになれば当たり前にWeb上のライティングを行なうようになりました。
だから本来であれば学校で習うべきことです。
ところが学校でWebライティングの授業はいったいどれぐらいあるでしょうか?

たぶん誰もが1時間すら受けたことがないでしょう。
だからこそあなたは少し勉強するだけでも他を圧倒することができるのです。

数学や英語で100人の中で1番になるのは並大抵のことではないですよね。 それは周りのみんなも勉強しているからです。 Webライティングは誰も勉強していないにも関わらず必要な知識だから、他に大きな差を付け成果を挙げることができます。

Webライティングのマーケットはインターネット需要が伸び続ける限り成長します。
インターネットとアナログの垣根がなくなり、すべての会社、すべての店舗がホームページを持つようになるまでは、明らかに伸びる余地があります。

  

Webライティングは一生使えるスキルです

世の中の“知識”の中には、もう既に古くなっていたり、すぐに使えなくなるものが横行しています。
簡単に儲かる系や、裏技的テクニックはほとんどそうです。
簡単に学べて簡単に使えるものほどすぐに使えなくなります。

その点、Webライティングは一朝一夕には身につきませんが、一度習得すれば一生モノのスキルになります。

優れたWebライティングはあなたの人生をガラリと好転させます。
その後あなたは会社の重要ポストを任されたり、積極的な転職を実現したり、 独立できたりすることになるでしょう。
既に会社経営している人には業績に劇的な変化が訪れることでしょう。
そしてその人生を好転させる流れは一過性のものでは終わりません。
スキルアップを続けることによって、想像もつかなかった成功を手にすることができるでしょう。

かくいう私、芳川もWebライティングの恩恵を受けて、多数の出版やコンサルを行ない、多くの会社の業績アップのお役に立てるようになりました。
そしてなにより(社)日本Webライティング協会を立ち上げ、活発に活動を行えるようになりました。

私が長期で成功できているのは、まさしくWebライティングの習得によるものなのです。

さらには老後寝たきりになっても続けることができるのがWebライティングです。
頭さえ働けばご臨終になるまで仕事として続けていけるスキル。
こんな素晴らしいことはないと思いませんか?

Webライティング検定は、下記のメディアに掲載されています

お申込み・お問い合わせはこちら

お申込み

お問い合せ